外国人技能実習の目的と実態

###Site Name###

開発途上国等では、未来に向けて経済や産業の発展のために人材を育成する必要があり、先進国の進んだ技能や技術、知識を学びたいというニーズが多くあります。このニーズに応えるために日本では諸外国の青壮年労働者を一定期間受け入れて、様々な分野の技能や技術を学んでもらう「外国人技能実習制度」という制度を設けて国際協力及び国際貢献を行っています。
外国人技能実習制度の期間は最長で3年の期間が定められており、この期間、実習生は雇用主と効用関係を結んで技能や技術を学んでいきます。

そしてその学んだ技能や技術は帰国した後、その国で大きく役立っています。


受け入れ方式には、企業単独型と団体監理型の2種類があり、特に団体監理型の場合は、実習生は入国後に日本語教育や様々な講義などを受け、実習実施機関において実践的な技能や技術を学んでいくことになります。

期待できるカンボジアの送り出しの情報ならお任せください。

そして、最終的に学んだ技能や技術の成果が一定水準以上に達していれば、さらに最長3年間の外国人技能実習を行うことができます。

カンボジアの実習生は評判がとっても良くて有名です。

本来、開発途上国の人材育成を目的として始まった制度ですが、雇用側にしてみると、技能や技術を教える代わりに、安いコストで外国人の労働力を確保することができるというメリットがあります。

特に、日本人の働き手が少ない企業などでは、このようなニーズが大きく、実習生との間にトラブルが起こることも少なくありません。



素晴らしい国際貢献の裏で、実際的な日本の抱える問題が混在しているのが現状です。